☆写真に閉じ込める一瞬の景色達☆

profile
Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
categories
selected entries
new entries
recommend
archives
comment
Thank you
Thank you
Thank you
Thank you
link
sponsor
others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / / - / -

まけるな東北!がんばれ日本!
JUGEMテーマ:★カメラLife★
 
3/11東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)により、被害にあわれた皆様。
心よりお悔みとお見舞いを申し上げます。

あの日から1週間が過ぎました。
毎日報道される被災地の様子を見て胸が締め付けられる思いです。


被災があった日、私はちょうど職場である病院(秋田県)にいました。
大きな揺れと建物の軋む音、停電・・・冷静にはなれず、何をしたらいいのかわからない。情けなかった;
ただただ近くにいた入院患者さんの手を握り、揺れが収まるのを待つばかりでした。

その後、ラジオから聞こえてくる地震速報。
震度5強の揺れでした。

そして時間が経過するたびに聞こえてくる被害の大きさ。

電話は繋がらず、家族・友人は無事なのか。
TVがつかないため実際どのくらいの被害なのかわからない。

頼りなのはラジオからの情報と一緒に働いていたスタッフ。

暗いままの病棟での夜間勤務。
ペンライトと懐中電灯だけを頼りに入院患者さんの看護を続けました。
一番不安だったのは入院患者さんだったろうに、気持ちの余裕がなかった私はなかなか笑顔が作れず・・・申し訳なく思っています。


電気が回復したのは1日半くらい経ってから。





これが現実なのか、夢なのか。

TVに映る被災地の映像をみて愕然としました。


私の先祖代々のお墓は釜石市にあります。
毎年、夏になると大槌町の波板海岸でキャンプをして、釜石までお墓詣りに行ってました。
今は亡き、父との思い出の地でもありました。
ショックでした。
大槌町の方々が・・・親切な街のみんなが・・・覚えのある海岸・街の様子が・・・

被災地の報道をみては胸が痛みます。






秋田県は今、支援物資輸送や燃料輸送の拠点となってます。
2,3日前から大きなトラックや飛行機が目立つようになりました。
早く被災地のみんなに届けてほしいと思ってます。

私にできることは、募金と日々の生活の中での節約。
(できれば仕事辞めて今からでも、車に食糧・燃料を積んでぶっ飛んでいきたい!!!!!)
私にできる事を少しづつやってこうと思っています。

実際、県内でもガソリン・灯油を求める長蛇の列、スーパーでの商品不足がみられます。
正直いつもの生活から考えると不便を感じている・・・。
しかし、今一番大変で燃料・食糧等を求めているのは被災地です。
まとめ買いをする人。
「大変、大変、なんとかならないの」と言いながら燃料を求める人。
そういうのやめませんか。
こういう時だからこそ、同じ東北人、日本人として助け合うべき。
節約をして最低限の生活でいいとおもいませんか。



まだまだ東北は寒いです。
一刻も早い被災地の復興と、被災地の皆様の健康と無事を祈っています。








※個人的な意見ですが、行き過ぎた報道やめてもらえませんか。
確かに報道がなければ、現地の状況は分からないし、状況をみんなが知るためにも必要なものというのは十分承知です。
ただ、
涙を流す人にマイクを向けインタビューを続ける
行方が分からなくなった家族を探す人に「今どういう気持ちですか」という質問
海に向かって母親を呼びつつづける子を永遠と撮影
こんな報道・・・もうやめてください。
もっと他に伝えるべきことがあるはず。

- / 20:00 / comments(0) / trackbacks(0)

スポンサーサイト
- / 20:00 / - / -

comment*






<< Next   /   Prev >>